万俵&外資銀行に五周年記念版のステッチカードを発売しました

万人の腕時計は国内の有名な名前として、垂涎を示しています。電気商朝企業に至るまで、業界内では評判がよく、五年間で30万個以上の高級輸入腕時計が成立しました。銀行は万俵の重要な戦略パートナーの一つとして、万俵網が成立して以来、招商朝銀行を含む十一軒の銀行と提携関係を結びました。協力項目は主に以下の通りです。クレジットカードの分割払い、オンライン決済などは、銀行が縫合した名前の記念カードを発売するのは初めてで、ユーザーは公衆番号の招商に注目して銀行広州支店にオンラインカードをクリックするだけで、I’mカードを申請すれば簡単にカードが作れます。
聞くところによると、ユーザーは万表五周年カードの縫製を募集しています。カードの発行無料、ネッ[……]

Read more


よだれが出るまで、電気商も食べて、経済を共有して、腕時計の生態圏を構築します

垂涎は、電気商朝万俵網に先日香港理工大学が発表した「中国腕時計消費業界白書」(以下、白書)によると、2016年の中国での輸入腕時計業界の現状は未来の発展方向に比べて分析された。万俵網CEOの肖暁氏は、ここ数年の腕時計業界は楽観的ではなく、内陸部での販売はある程度の落ち込みがあった。特に、輸入の腕時計の熱意が低下していません。これはインターネット経済の急速な発展に伴い、ネットショッピングが消費者の新たな選択となりました。
白書のユーザー層の分析データによると、消費者の79%が腕時計の情報を知るのはインターネットや新聞、雑誌、テレビ広告などを通じてで、2011年の上半期から、各種ブランドの腕時計(中が高くて10万円以上の高級腕時計を含[……]

Read more


第一線の都市の80後90%は腕時計の消費の主力軍になります

香港理工大学の管理とマーケティングは、ビッグデータとビジネス分析チームと腕時計の電気商朝万俵網がこの数日縫合して発表した「中国腕時計消費業界白書」によると、北京、広州、上海、深センなどの第一線都市の80代は腕時計消費主力軍となり、伝統的なイメージを超えて腕時計消費の主力の中高年者となっている。
中国時計協会時ロレックスコピー計収蔵委員会の汪孟晋主任によると、中国では毎年3040万腕時計と4000万本の時間を消費しています。総金額は1000 3040元に達しています。
この日発表されたデータによると、男性は依然として腕時計消費の主力軍であり、80~90後はすでに腕時計消費の中核となっています。年齢層別に見ると、35歳以下の腕時計愛[……]

Read more