クラシックのアップグレードの漢のミルトンは新作の腕時計にバーゼル展を迎えるように出します

漢のミルトンはその2014の前の第1回を新しく発表して1モデルのPanEuropに現代版を残しておいたのに表します。PanEurop腕時計は漢のミルトンの第1モデルが自動時間単位の計算のチップの腕時計を配備するので、初めて発売するのが1971年に。新版の3針のPanEuropH―30が近代的な感の十分なチップを配備してそして80時間の動力備蓄物があります。

原版の漢のミルトンPanEuropが伝奇的な色彩のがあって自動的に鎖の時間単位の計算のチップ(型番が11のため)に行きによく合ったのはブライトリングとHOYAと協力で研究開発したので、その基礎のチップは布の同類のチップです。この伝奇のチップは以前は同じくHOYA所属Mona[……]

Read more


君と勝手に海洋品鑑ジラール・ぺルゴSEAHAWK潜水する腕時計

万事で環境保護の今日を重んじて、“海洋を征服する”のこのような語彙はもっと前に大衆の耳に入らないで、“海洋所と抱擁する”は人のセフロキシムの喜びの言葉を譲ります。私達にとって、ダイビングは最も海洋と抱擁するスポーツに適合するのです。このスポーツに従事する時、1枚の潜む水道のメーターをつけて息場を増加することができるだけではなくて、とても実際の効果がまだあります。今日、小さく編んであなたになってジラール・ぺルゴHAWKシリーズSEAHAWKモデルの中の49960―11―131―FK6Aを持ってきて、共に潜む水道のメーターの独特で美しいのを経験します。

Hawk(タカ)は優雅で、すばやくて、知恵と力を代表して、全く新しいSeaHa[……]

Read more


ただロレックスはいっしょに時計の史の中の不朽な伝奇を解読しに来ます

いまどきになって、腕時計はこのごろの代々にとても普遍的なことと言えて、1905年にハンス・ウェルズの多い夫の始まるROLEXロレックスから、いくつ(か)の世紀の成長と発展を経験して、ロレックスはすでに市場の上で今最もすばらしいブランドの中の一つになって、今日みんなを連れていっしょにロレックスのブランドの世界に入ってそして共にロレックスの表を作成する精髄を経験するのに行きます。

ハンス・ウェルズの多い夫――見通しがききます

現代名をあげることができる少数者がしかなくて、同時に時代をリードします。見通しがきくロレックスの創立者のハンス・ウェルズの多い夫(HansWilsdorf)は正にその中の1人です。このような時間の境界線[……]

Read more