万国の海洋時計「ガラパゴス諸島」の腕時計の裏側の物語

この腕時計は海洋時計シリーズ専門のダイバー腕時計の巧みな改善を代表するだけでなく、保護計画の宣言でもあります。シャフハウゼン万国表とダーウィン基金会が共同で設立し、ガラパゴス諸島での協力計画です。ダーウィン基金は非営利団体で、50年前に設立され、エクアドル以西千キロの外にあり、世界遺産に登録されているガラパゴス諸島の保護に力を尽くしています。
新たに開発した回転式の外輪は一分の内に潜り込む深さを示しています。水に入る前に手袋をしても簡単に操作できます。革新的な時計チェーンの迅速な交換システムは、ロックの機械的なロック装置を手で押さえれば、時計のチェーンやバンドを外したり、交換することができます。
海洋時計「ガラパゴス諸島」の時計は耐圧機能を備えており、12巴の圧力に耐えることができます。技術的には前身の海洋時計の自動時計に匹敵しています。チェーンが満杯の時には動力備蓄は44時間にもなり、記録時間は12時間にもなります。