写意の美が芸術の精巧な腕時計に刻み込まれている

江詩丹頓の腕時計の芸術:写意の美は芸術の精巧で美しい腕時計を刻みます。
写意時間は、実は芸術化された時間を表現したいです。文字、絵画、彫刻、建築、音楽、ダンス、演劇、映画など、あらゆる美を表現できる行為や物事は、人々の生活の一部に時間を解釈する芸術である。腕時計には、これらの要素も活用されています。
伝統的な複雑な手工芸、巧妙な腕時計ブランドコピー時計建築構造、ファッション的な外観デザイン、絵画技術の革新的な応用、音楽ベルの超卓越した表現、文学、映画、演劇、舞踊からのインスピレーションを汲み取り、これらのすべては腕時計を芸術的な趣味に富ませ、生活にも詩の趣を添えさせます。
実は、これらは腕時計の芸術を表現するに足りません。エナメルの製作には、サンスクリット雅宝のバックライトカットエナメル技術、彩色描きガラスエナメル、江詩丹トン、アクロの「大明火」エナメル文字盤など、細分な表現形式と表現があり、「ジュネーヴ」と呼ばれる技術の中でも最も複雑な絵画形式の一つであり、今は屈指の芸術家が身につけている技術であるロジャー・ドゥービーのエナメルコーティングです。炉の火の純青なエナメルの彩色絵などを用いて、一つの技術は多種の芸術を結合することができます。また、腕時計のケース、文字盤の彫刻、宝石の象眼、発条時計の音色、腕時計のデザインなど、芸術とは千々に絡み合っています。