オメガのスーパーボスシリーズのレースの時計を鑑

オメガは1957年に初の超覇シリーズの腕時計を発売しました。名前からもわかるように、スーパーボスシリーズは宇宙船のために作られたものではなく、スピードを追求したものです。1965年、スーパーボス腕時計は時間が正確で、性能が安定しているという特徴により、米国国家航空宇宙局(NASA)の厳格なテストに合格し、正式に米国の宇宙飛行任務の指定腕時計として承認されました。このオメガの超覇シリーズのレースは、時計が最高の天文台に達するまで、もう一度誉れを取り戻し、昔の姿を再現します。
このオメガのスーパーボスシリーズのレースは時計が最高峰の天文台に達する上に、独特の風格を持っている分の輪の設計は再度回帰して、このシリーズの“レース”の伝統と脈々と受け継がれて、また更に多くの新意を与えました。レーサーのためにオーダーメイドした腕時リシャールミルコピー計は、独創的な「レーサー」の車盤と相まって、1968年に発売されたビック腕時計を思わせる。標識的なレーシングスタイルの文字盤、速度計測輪の設計及び頑丈な構造を持っています。これらのデザインは速度に対する追求と渇望を表現しています。