dw腕時計の電池が切れました

普通の腕時計はデパートで腕時計の修理をすれば換えられます。いい腕時計なら、アフターサービスを探して修理します。普通は無料で換えますが、他の欠点を見つけてお金をもらうかもしれません。
DWブランドは汎用リチウム電池で、一般的に、寿命は1~2年程度です。すぐに止まったら、腕時計が壊れたかもしれません。専門の修理所に行って修理するように勧めます。電池の品質が悪いかもしれません。
dw腕時計はどうやって電気がないと判断しますか?
竹製やプラスチック製のピンセットを使って電池を取り、電池を取る時は手袋を持参し、人の手に静電気があることを防止し、電池がショートしないようにします。電池はちゃんと入れてください。手の池をまっすぐにして、腕時計の電池を取り出して、電池をしっかりと置いて、マイナスのまっすぐな位置をしっかり覚えます。電池をきれいに拭く。新しい電池を取り付ける前に、電池とつないでいる正、負の接触点に汚れがないかを確認します。汚いものがあれば、アルコールやガソリンできれいに拭きます。電池を入れる時は方向に注意します。電池を入れる時、電池の正、負の方向に注意して、正と負の極を反対に取り付けないでください。