2万元ぐらいの月相腕時計のオススメです

「明月はいつありますか?お酒を青天に聞いてください。」また一年の中秋節になります。月といえば、表友たちはもちろん「月相表」を思い浮かべますが、実は今では、月相表の機能性はだんだん薄れてきました。高潔で優雅な月相皿は腕時計に更に多くのロマンチックさと詩趣を加えました。今日は腕時計の家で二万円ぐらいの月相表を三つ紹介します。とても綺麗で、価格もいいです。
浪琴名匠シリーズは今年、新たな月相腕時計オーデマピゲコピーを発売しました。スタイルは浪琴の持つ優雅なスタイルを継承しています。この新しい月相表の直径は42ミリで、精密鋼の材質です。銀色の麦粒模様の文字盤はアラビア数字を漆で描いたもので、6時の位置に日付表示リングと月相表示ウィンドウがあり、小さい針は現在の日付を示しています。L 899自動上鎖ムーブメントを搭載し、1時間に25,200回振動し、64時間の動力貯蔵が可能です。腕時計には精密鋼のチェーンや黒、茶色、青の本革のベルトが装備されています。多様な配色で装着者の選択が自由になります。