5万元以内は買いに値するどんなの良い時計がありますか?

前に私達がみんなに2万元以内推薦して買う公定価格がモデルを表しに値して、しかし多少友達の予算を表すのがもっと高くて、1両の万の時計のモデルやはり(それとも)どうしても入門する級を感じて、彼らの欲求を満足させられません。今回、私達の便は何モデルの5万元以内の良い時計を推薦しに来て、しかし正装も運動することができて、みんなの間もなく始まったのが手の旅を切るためにいくつかの小さい助けを提供します。

第1モデルは最近の街のあちこちの暑い協議するセイウチの300Mです。今年はこのシリーズの25周年紀念で、オメガはもちろんある程度表します。
新作のセイウチの300Mはサイズを古い41mmから42mmに増加して、広い剣形のポインターを採用して、夜光も強化を得て、また(まだ)かえて2酸化ジルコニウムの陶磁器の時計の文字盤と陶磁器で小屋を表します。当然で、最も人のにやはり(それとも)時計の文字盤の上の波のしわが背と通るように引きつけて、これはとの上で1世代の比較する最も目立つ変化でした。進歩をも得たいくつかの小さい細部所があって、たとえばカレンダーの窓口は移して6時の位置に着いて、盤面の配置更に調和して、冠を表してと調節などに便宜を図るボタンを表しを増大しました。搭載するの8800チップで、55時間動いて蓄えて、臻天文台まで(に)非常に強いをの認証してと磁気を防ぎを持ちます。価格は36000元の人民元左右、その上欧記は最近5年の質に着いて、更に極めて大きい増加価格性能比を守ったのを延長します。個人は価格ラインのダイビングと表裏面を思って、このセイウチは相手を会いにくいです。