ランゲの傑作の1815UP/DOWN

気高い審美の1815UP/DOWNが4つのポインターと動力を配備して貯蓄して表示があって、ランゲの鮮明で純粋な風格が現れました。名の中の数字の“1815”の代表の薩克森の精密な表を作成する業の創始者を表してなんじのディナンの多い・アドルフ・ランゲの誕生の年度がかかって、この表した設計の霊感は正に彼の創作した伝奇的な懐中時計。

ランゲ作る1815腕時計は表を作成する界の山頂の峰の地味な名作です。今のところ、腕時計のチップは3日続く動力を搭載して貯蓄して表示します。全く新しい1815UP/DOWNも8時に位置は1枚の藍鋼のポインターを加えて、腕時計がまた鎖の前で尚余の運行時間に行かなければならないをの表示します。AUFとABはそれぞれ主なぜんまいに全く鎖と全くとき放す状況に行くように代表するのを表示します。この特許装置は1879年までさかのぼることができて、ランゲの表を作成する伝統の中の一つです。

1815 UP/DOWNの操作の原理はアルト・ランゲ(OttoLange)の特許設計を参考にしました。アルトは時計工場の創始者の孫で、彼は特に非常に細い腕時計のために全部遊星歯車列を発明して、この装置とチップは結び付けて、超過の垂直の空間を占用しないのを表示するのを進めることができます。ランゲが1815UP/DOWNの動力を作って貯蓄して表示する時同じ技術を採用しました。機械板の一地方で、処理するドイツの銀の製造する3/4添え板を経ていないから、2つの新たに増加する黄金のスリーブを搭載して、動力が装置を貯蓄するのを現します。ランゲの自制するL051.2型のチップが超過だけれども57の部品を配備して、しかしそのサイズは全く組み立てUP/DOWNの表示の1815型番がまだないとように、ただ厚いだけの4.6ミリメートル、直径は30.6ミリメートルです。手作業で並べて添え板の下に順番に当たりを彫刻して、すばらしいねじが設置されていて並べてポインターの振動システムが順番に当たってなくて、震動するのがしきりに間違いなく確かなことを確保して、時計工場の開発する並べるのは空中に垂れる糸に順番に当たって、毎時間震動してしきりに21、600の回に達します。