時計とテレビの1つの壁を掛けてよろしいですか?時計のレイアウトするいくつ(か)の提案

精致な掛け時計、その上とても富むアイデアを設計して、組み合わせは1件の芸術品にことができて、しかしもしもよく合うかレイアウトするのが正しくありませんて、それなら発生した多くの問題があります。これらを見てみて提案をレイアウトして、あなたはもしかするとどうして置くべきかを知っています。
1.時計とテレビの1つの壁を掛けてよろしいですか

テレビの壁の上で掛け時計のことができて、しかし掛け時計がもしもレイアウトするのが不合理で、全体の住まいの風格に影響して、恐らく縁起が良くない前兆があります。実は自分の趣味と自分の部屋の配置によって自分で決定するのが。歴史の上の占い師はおよび、風水の大仙人達がテレビの壁に会ったことがないのを見ます;現代人が心地よくどうしてどうするのが。また巫女に大仙人を教えてもらう必要はありません。
2.アイデアの掛け時計は推薦します

アイデアの洋式の象の時計の掛け時計、品質はとても良くて、アイデアの洋式の象の時計の1モデルの掛け時計、仕事ももとても細くて、人に高くて大きい上の感覚をあげます。アイデアの洋式の象の時計の掛け時計、シンプルで大したもので、とてもいい1モデルの掛け時計。とても芸術の息の設計を持っていて、精巧で美しい流行、家で本当のスーパー美しいのを掛けます。孔雀が尾羽を扇子状に広げるのは大変縁起が良いシンボルで、家の中にこのクジャクの掛け時計があって、未来すばらしい生活のがあこがれて渇望するのに対して。カササギの時計はと小鳥に揺れ動いてちょっと止まって客間の喜色を現して、多重の焼付け塗装の技術、彩色上絵の小鳥とチョウが生き生きとしていて、すべての細部がすべてやり遂げたのが完璧で、時間が美しい中で静かに流れるのを譲って、不変での家の温かみです。田園のアイデアの掛け時計、デザイナーは小鳥、緑色の木の枝を通して、図形化を革新して巧みに組合せを設計して、私達に家でも真っ向から来る大自然の清新な田園の息を感じることができます。家は、よくすべての細部から生活するのが好きで、1300度の高温の焼付け塗装が煌びやかで美しくて、手製でヴィンテージ加工を磨き上げて質感を満たします。