労働力来世経典の腕時計は2長所と短所を比較します

労働力来世Explorer IはRolexの中で別の種類の腕時計を比較するので、絞り3-6-9、逆三角形はあの話に合う時伸ばして使って、それは正盛表を着て運動表の混合の息を着ることがいます。114270文字盤の読みやすさはrolexのWaltさえ愛しません。Odetsも賛成しました。一番早いexplorerは6350でしょう。蜂の巣の顔はベンツの針ではない3-6-9の字体を配合しています。ムーブメントの段数はもう天文学台級です。近代のExplorer Iは数年前に日本の鳥人木村が日本の鳥のドラマで炒めましたが、価格はまもなく安定して、割引があります。
労働力来世のこの数年はよく“大きい”を遊んで進級して、16710-116710、16600-16660114270も進級してやっと214270を通じて(通って)、第1個の2を始めとするsport rolexになります!まず何枚か比較図を来てください。