万俵・ヨーロッパ名前表の新商品展示会があります。現場にいます

北京の雑誌編集者として、2013年の万俵・ヨーロッパの名前表の新作展示会にご招待いただきまして、とても光栄です。以前にもネットで万俵網について知ったことがあります。ネット上の名前表商朝城です。ブランドの種類が多くて、割引とクレジットカードの分割払いができます。その中でもっと細かいものは現場に行ってみないと分かりません。
時間は7月15日10時5分です。
万俵・ヨーロッパの名前表の新商品展示会の第一駅は北京王府井です。万俵網は中国の版図の中心に位置しています。南中国広州に駐屯しています。全国の大都市に進出して、北、上、広を形成しています。杭州+大連という全国のカバーロレックスコピー図を加えています。私は7.15朝10時に来ました。初日の現場で雨が降っていましたので、従業員はとても忙しかった。すべての仕事は忙しくて、乱れないです。冷蔵庫の近くのお客さんは心のこもったおもてなしを受けました。腕時計を見に入る人は、たとえ一部の人が本当に時計を買いたいのではなくても、雨を避けるために入ってくるのは短い滞在と休憩です。従業員もとても誠実です。腕時計に興味がある細部を紹介します。どこで生まれましたか?腕時計は何の機能がありますか?身につけるにはどのような細かい点に注意が必要ですか?その時、身の回りのカップルはもともと入ってきて短い滞在をしていたことに気づきました。その後、女の子はヒノボブランドのベルト時計DRESSシリーズ14263/08 GOを見ました。中間テストで20分ぐらいの凶悪さがありました。時計全体のスタイルを見てみました。男性のFEELはカードのようです。より若いほうがいいです。茶色の牛革のベルトを使って、彼氏が彼女にお金を払って、二人で手をつないで離れました。