ミッキーウサギの子供用腕時計が水に入りました。どうすればいいですか?

一般的に腕時計の芯を水に浸すところは、時計の柄、時計の目隠し、後蓋の三つです。防水装置もこの三つのところに設置されています。柄にテープ、シールリング、柄管などの部品の後カバーのねじの縁にテープを付けて、時計の目隠しを厳密にしています。これらのデザインがあれば、腕時計は防水できます。腕時計は永遠に使えますか?絶対に防水しますか?いいえ。設計の要求によっては絶対防水ですが、私達は毎晩バネをかけます。いつも針を動かして、時間が長くなると、防水リングが磨耗されて隙間ができます。私達の手の首の汗も後カバーの防水テープを腐食します。汗がなくても、ゴム自体は時間が長くなると、老化して、緩みます。表蒙施と表亮は同じ材質ではなく、冷縮熱膨張の係数が違っています。時間が長くなっても微小な隙間ができます。これらすべては、腕時計の芯に水を通して、腕時計が水に入る可能性があります。浸水処理方法:
1、腕時計は水に入ったら、直接ガーゼで小さな塩化カルシウムやシリカウブロコピーゲルを包んでください。そして腕時計のカバーを取り出して、ガーゼで包んだ塩化カルシウムと電子時計を密封してビニール袋と箱に入れます。しばらく待ってから腕時計を取り出します。電子時計の水蒸気が消えるのが見えます。もし腕時計が水に入ったら、一日の時間を置くことができます。
2、腕時計の蓋の中に水玉が付いていると、時間が長くなり、部品の腐食や不良を引き起こしやすくなります。この場合、何層かのトイレットペーパーや湿った布で腕時計をしっかりと包み、40ワットの電球の近く(約5センチ)で約半時間焼くことができます。電球をよく使います。腕時計の中の水分は水蒸気となって排出されます。
3、腕時計の表面を内側に反射させることができますが、腕時計の下のケースを外側に向けて、腕に裏返して2時間ぐらいかけても手の蒸気を除去できます。