飛亜達限界シリーズ2013新型腕時計

「冒険の扉に連れて行ってもいいですが、運命に挑戦する扉を開けたのはあなた自身です。」ダカール・ラリーの創設者だったサリー・サヴェン氏は、こう述べている。ダカール・ラリーは、勇敢者と呼ばれるゲームで、世界で最も困難なラリーです。飛亜達極限シリーズの腕時計は、中国のオートバイチースーパーコピー時計N級ムとともにダカールに出征し、高山の大砂漠を縦横に走り、泥水の草むらを通り抜け、砂丘の岩を揺り動かし、50度の温度差に抵抗して、砥石で前進します。
まだ知りたいですか?飛亜達機械腕時計はどうですか?文章:2012年経典腕時計:JUVERNIA尊皇六分計器調整器
_____懿__
フランクミュラーはどうやって豪雅マシンをメンテナンスしますか?