四種類の美しい月相腕時計のオススメ

時間のキャリヤーとして、月相損益の法則運動も自然に時計に取り入れられています。17世紀には、時計に月の機能が備わっていた。月相表示の大型置き時計は時計と月を結びつける最初の担体であり、その後は時計製造技術や形態の進化に伴い、懐中時計や腕時計にも当たり前のように組み込まれています。今日は多機能の月相腕時計を紹介します。

この表は月相機能だけではなく、日付表示、動力備蓄表示機能も備えています。自動上鎖ムーブメント。銀18 Kの金の文字盤をめっきして、手で図案を刻みます。2時位置には月相損益表示があります。6時位置に日付表示があります。10時30分の位置に動力備蓄表示を設定します。45時間の動力備蓄。サファイア水晶の底蓋。