ユニクロ、投資家のバフェット、ロレックスのディオールが持ってきます。騙されましたか?

最近、注目すべきニュースがたくさんあります。これらのニュースはそれぞれ違っています。でも、私はだんだんその中から多くの共通の特徴を嗅ぎました。

一.気が狂ったユニクロのカゼ買い占め事件。大量生産の価格が99元しかないユニクロのTシャツは、トレンドの落書きで大きなカレーの模様が印刷されていたため、発売当日に中国人に横取りされました。老若男女を問わず、集団で出動し、ドアのすき間をくぐって、モデルやレースをしたり、取っ組み合いをしたりします。Tシャツを一枚手に入れて、値段を上げて売るためです。

ユニクロの買い占め「盛況」

第二に、バフェット昼食の候補者は、孫宇朝という名前です。彼は3000万円でバフェットと昼食を共にする機会を撮りました。その後、孫は投機によって貨幣を暗号化して豊かにした投機筋(典型的な代表はビットコイン)であることが判明しました。このような投機によって売買し、一般人にニラを割いて金持ちになる行為は、ネットユーザーの間で大きな波紋を呼んでいます。