忘れ去られたオメガの鉄覇

Omegaオメガといえば、最も思いつきやすいのはSpeedmaster超覇、Seamer海馬、ヴィレッジチョウ飛、Conterellation星座です。しかし、実際には、オメガではこれらのヒット商品のほかに、Railmaster、Louis Brandt、Ranchero、Cosmic、Emerrald、Geneveなどの多くのシリーズが誕生しました。

忘れられたシリーズの中で、最も「憤慨」の強いのは、Railmater鉄霸です。

1957年、オメガは一気に3つの専門市場向けの腕時計を押しました。それぞれSeamster 300海馬300、Speedmaster超覇とRailmaster鉄霸です。

この三つの腕時計はそれぞれ重点があります。海馬300は海馬の基礎版の上で防水能力を高めました。超覇は速度測定の目盛りを文字盤から外周に移しました。このようなデザインはレース運動時に時速を測定しやすいです。そして、Railmater鉄霸は磁力を強化しました。

Railmaster鉄霸というと、多くの友達が好奇心を持っています。Railway鉄道について時計を使った記憶の多くは「アメリカ鉄道懐中時計」というイメージがあります。1891年、アメリカの列車が衝突した惨劇で、6人が死亡しました。調査の結果、この悲劇の原因はなんと従業員の懐中時計が4分間停止し、列車の配車ミスを引き起こしました。同じ事故を繰り返さないために、アメリカは「鉄道懐中時計基準」を設けて、週に30秒以内の誤差を検出するよう求めています。