退いて陥れた後にまた穴の魔力のロレックスに入っていつも探って手記に入りますと

本人はロレックスのこのブランド1年ぐらいに接触して、資金が有限なため、またこの期間次々と古い日誌の15200と古い航空機内で迷惑行為をする乗客の14000を手に入れて、後またある理由で出します。しかしロレックスのいつも勇気がある口に出せない魔力、私に退いて陥れさせた後にまた穴に入ります。今回の114270の手に入れる経歴は比較的偶然で、朝車に乗って習慣性のがいくつ(か)の腕時計のフォーラムに上下をひっくり返して、いくつか腕時計を貼ってとプラットフォームを売買して、不注意でこれを発見していつも1探って、本人の計略が太くないため、以前は手に入れたのが働くのもすべて34mmが小道を表したので、これがいつも探るのが36が表して直接ぴったりだと感じるのと、その上と木村の14270外形の基本が一致して、ただ耳を表して耳を着るからアップグレードしてミルになって、チップは3000からアップグレードして3130になります。実物がとてもすばらしくてつけてもとても心地良いと感じて、その上幸運な誤差+1sは去年ちょうど記録に保養したことがあって調べることができるのに従う働いていました。全体はやはり(それとも)とても気に入って、私が後で心をこめてこれをもつけていつも探るできないでと簡単なの再度出します。 私は腕時計の最も主要な機能がつけて自分に時間のを見に来るのだと感じて、他の人の見たのが供えるに他の人をつけて評論したのではなくて、だから自分の好きな思いどおりになったのを選んで最も正しく最も初めの心のを忘れません。 最後の挿し絵はみんなに鑑賞するように供えます!各位の巫女の大先輩が批判を指摘するのを望みます。