まあ私は行って、私の腕時計は霧が出ました!

春季いつの間にかすでに来て、北方は依然としてまだ雪が降っていますが、しかし南方の小さいパートナ達はすでに冷たくなったり熱くなったりする日に行ったを通じて(通って)、自分の体だけではないのが風邪を引きやすくて、つけたよくは表しても腕時計の霧が出る問題が現れやすいです。ぜんまいの魚はバックグランドでたくさん友達に迷ってこれらの問題を問合せするのを表しを受け取ったことがあって、あの今日統一的に解答しに来ましょう!
通常、腕時計は霧が出て、多く2種類の情況として表れます:鏡を表して同封していて一層の霧あるいは鏡を表す明らかに凝結する水のしずくがあります。ただ一層の霧の話、筋は比較的軽くて、とても心配する必要はありません。しかしもしも固まって明らかな水のしずくを結んで、少し重視する必要があって、措置を取りました。どのように正しい処理方式を操作しますか?
まず先に明らかな霧が出る現象、ほかでもなく2種類の情況。正常な情況が霧が出るのと。腕時計が仕事場の組み立ての時ため、真空での環境の下で行うのではなくて、だからどうしても入って殻の内で表す空気があって、これできわめて微小な水の分子も残すその中がありを意味します。腕時計が密封する箱の内でから取り出す時、時計の内で空気は寒く液化して霧が出るのに会って、たとえばこの季節に春雨をかけて霧が出て、すべて正常な情況です。