5000万瑞郎、スウォッチはバーゼルから退出して節約するためですか?

7月29日、スイスの時計の業界また(まだ)集団で休日を過ごす中に、また1つの日曜日、スウォッチグループの店主の小海は1グラム(NickHayek)が突然“群を退く”を要するのをの宣言するのに思い付きませんでした。

スウォッチグループ所属の18のブランド、すべて2019年に3月のバーゼルが展の上で表しが現れることはでき(ありえ)なくて、ブランパン、ブレゲ、格拉蘇蒂のオリジナル、オメガ、ロンジンを含んで、待って、時計の業界は1面やかましく騒ぎたてます。

小海1グラムのを取材するのはノイエ・チュルヒャー・ツァイツング業所属の1部の週末の定期刊行物で、名前をNZZamSonntagと言って、私達はウェブサイトの原文が見つかりました。ロイター通信と有名な時計のメディアHodinkeeもこの情報について寄りました。
私達はいくつか尋ねてスウォッチグループの仕事の友達、しかし人でないこれ時もっと多い情報を提供します。

事実上、私達は今年の3月のバーゼル展の現場にいて、いくつか“来年来ない”の噂をも耳にして、ブランドは展示に参加するコストの高を感じて、仕返しはあまり満足させません。