買いにくい「平価」の腕時計はいったいどこがいいですか

今のところ、平価の腕時計はまだたくさんのいいブランドがあります。どうしてみんなはいつもこの商品を買うなら、お金を貯めて買ったほうがいいと言っていますか?今日は、腕時計の家で皆さんと一緒に、価格性能比の高い腕時計を鑑賞して、安心して買うことができます。

価格性能比が高いということは、私のタイトルから前半の文を意味します。難しい「平価」の腕時計です。はい、この雪鉄納DS PH 200 M腕時計は18年3月からバーゼルの腕時計展で露出したところ、多くの注目を集めました。顔の価値が高く、5350元の定価を加えて、誰もがそれを愛しています。いったい何がありますか?

腕時計は復刻して経典を再現します。

精鋼の材質は表殻を作り、耐造性を高めるために、ケースはまた糸を引く技術で磨き、明るく、目盛りの黒い一方向回転の表輪を組み合わせて、12時の位置に鮮明な三角形の標識を設けて、古典元素の設計を続けます。ケースの直径は42.8 mmです。者が明瞭に読むとき。

側面精鋼螺旋ロック式の表冠は滑り止めテクスチャの設計を採用しており、着用者が正確な学校に入る時、先端にブランド標識が刻まれていることを保証しています。同時に、表冠にはOリングワッシャが二つ備えています。これは1959年に発売された雪鉄納のDS双保険技術の設計発展に由来し、腕時計の防水機能を強化しています。

時計の鏡は同様にDSのダブル保険技術を採用しています。円形の箱式の合成水晶の時計鏡は、NEX Scrtchardのアンチスクラッチコーティングを備えた単独の組み立てリングを備えています。腕時計に二重保障を提供しています。