どのように腕時計を調整して針の緩さ度を動かして、どんな針の緩さ度を動かすのが適切だと言えます

クォーツ・ウォッチの返し・何言うカレンダーのペナルティエリアと腕時計動かす針あるか禁忌・組の腕時計を買うつもりな友達持つ何時提案・維持する機械式ウォッチの幸運な精度の簡単な方法・解体する両円盤の方法と道具・時計の平衡がとれているぜんまいの力のモメントの方法の段車ゴマの鎖と・修理する磨いて取る手説明する殻と腕時計のバンドの上の裂け目ですか?機械式ウォッチで、すべて針を動かしてと針機関を連れるのがいます。針を動かすのは学校の時間あるいは期日を加減するのに用いるので、腕時計が運行する時も必ずポインター正確な指示時間を動かさなければなりません。
回転するを通じて(通って)針を動かしを表す時、1つの緩さ度があると感じて、要求はとても締めることはできないので、同じくできないことがあるのが緩いです。普通で新しい腕時計、恐らく少しいくつか締めると感じて、古臭い腕時計(特に機械式ウォッチ)、よくすべて比較的緩めます。
腕時計の中は針を動かしてと針機関を連れて、主に1つの歯車があるので、通常は分けるのが順番に当たるかのが“小センター”の車輪といわれるので、具体的に腕時計の悪がしこい心が中央が伝動するのやはり(それとも)偏センターの伝動するのを見ます。この歯車は中心の輪軸の上でスーツができて、中心の輪軸の上に一帯の梢のピッチがあって、小センターの車輪は位置の両側に対応していてそれぞれ1グルーブがありを管理して、つまり、それらの間の仕事は弾力性によって過ぎるのが勝つ協力するです。偏センターの伝動する腕時計の悪がしこい心、片上の車輪の枚に順番に当たってと輪軸の歯の管理する弾力性に分けるのに分けるのが協力するです。
この場所の協力する緩さ度、ひとつの組の針の時の緩さを決定して感じて、この位置の上で最も容易な出現は摩耗します。特に機械式ウォッチ、よくのは針を動かさなければならなくて、あるいはカレンダーを校正するので、頻繁に針の結果を動かして順番に当たる磨損に分けるのを激化させます。