時計の3つの保証の条例

時計の商品は、入れ替え、返品の実施細則を修理します(時計の3つの保証の条例)

一、凡時計小売り部門が50元以上の時計の商品を売り出して、皆規定に基づいて3つの保証のクーポンを作成してあるいは証明を修理保証するべきで、そして経銷部門を明記して、住所、修理部門、を修理して年限を修理保証します。

二、100元以下の時計の商品の3つの保証期限の半年;100元以上の時計の商品の3つの保証期限1年;10000元以上の時計の商品の3つの保証期限2年、

三、時計銷售部門は偽商品を販売してはならなくて、商品は1年内売り出して、一般に国家の制定する品質検査部門を通じて(通って)偽商品に鑑定して、顧客は効果的にショッピングする証拠に任せて鑑定するのと証明して、販売者部門の責ロレックスコピー任を追及することができます。銷售部門は全部の商品の代金を返す以外、また顧客の同等な金額の商品の代金を弁償するべきです。

四、時計の外観の(例えば殻、面、針、柄が、ガラス、外観の取付物と腕時計のバンドなどを最初だ)は販売中注意に応じてで検査して、直接はっきり見えます。過程で使っていて、外観の損失は属しないで範囲を修理保証します。しかし確かに製造技術の上の欠陥に属して、使わないで殻のアシンメトリーを表すようだ(を送って、表面が目盛りに立つのはすべてでなくて、クラッド層は水ぶくれができて板などを脱いで)が修理保証期間の内で顧客に不合格な外観の件を交換するべきです。外観の件の中で機械の道具の解体する金属製バンド、3つの保証期の内で自然が緩くて脱ぎが現れて、2回以上を通じて(通って)修理して、依然として正常に使うことはできなくて、手でまた離散させて不合格に属することができて、無料に応じてこの部品を替えます。表面の字グロック、商標は使って落ちて、3つの保証期の内で無料に修理して、2回以上は修理して依然として正常に使うことはできなくて、無料に応じてこの部品を替えます。