いくつ(か)の腕時計の寒い知識を普及させます

これらの腕時計の常識、よく他の人を聞いて話し出すのではないため、よく知ることができるのがでもなくて、だから人にとても寒い感覚を感じさせるのがいて、しかしこれらの知識はまた過程で謎の身につけたのを表すので、必ず理解しなければならない知識点、だからこれらの知識ももっと多い腕時計の知識の友達を理解したいのにとってとても重要であるなことをを知っています。

何は“真珠陀”ですか?

真珠陀の英文は“mini―rotor”といって、最初発表されて前世紀にの40、50年代、伝統と異なって陀と添え板を並べて並んで1つのレベルの空間の局面を独占して、あるいはこのような小型mini型が陀を並べて添え板の中で“身を隠す”で、これで空間を有効に利用して、もちろん空間をも節約して、だからチップはようやく更に薄くなることができます。しかしこのようにする1つの欠陥はため比較的細いぜんまいによく合ってふくらまして、動力備蓄物はすぐとても長いことはでき(ありえ)なくて、その上エネルギーを節約するため、普通にも加えてその他のモジュールを設置することはでき(ありえ)なくて、機能でできないでとても複雑です。その他に、真珠のため陀体積がより小さくて、あるいはだから地球の中心の引力の影響に手部に揺れ動かれるのが自然でより少ないです。しかしこのような話、チップの運行の能力も向かい合うのが見劣りがして、最大の程度の上のためにこの欠陥を克服して、たくさんで有名な腕時計はでも元手をいとわないで貴金属の材質を採用して真珠陀を作って、たとえば黄金、赤い金、プラチナ、甚だしきに至ってはプラチナの金、だから超薄の腕時計の製作費が普通でないがの原因があったのです。ここから、真珠陀の3つの明らかな特徴は:小さくて、米、高くて、それを“真珠陀”と呼んでなるほどそのとおりだのでないのではありません。