推薦する誤差の表_誤差の小さい幸運な精密で正確な時計のモデルがありません

誤差は1枚の腕時計がすべて必ず含まなければならないので、誤差の存在のため、腕時計の精髄はやっとあって、私達はずっと絶えず技術と技術を高めて、絶えずと誤差の更に小さいチップを開発してとモデルを表しを研究して、ただ更に精密で正確な時間単位の計算が誤差の腕時計がないでか、次に小さく編んでみんなにどうして誤差が腕時計必ずあるものですかを釈明して、みんなにみんなに幸運な精密で正確な腕時計を分かち合います!
腕時計は必ず誤差があります

私達は腕時計をつける時、腕時計はいつも平面と垂直面の間にあって絶えず変化して、このような変化は回転に抵抗力を持ってきて、主に輪軸のほぞのこすれ面の変化を並べるので、こすれ面は増大します。

ぜんまいはの緩さ度も腕時計のが幸運なことに影響するのが、ぜんまいが並べて振幅の大きさに順番に当たりに影響するため、それによって機械式ウォッチの等時性に影響して、腕時計の時間単位の計算を回すのが平均していさせません。

磁場の妨害、私達が生活する中に大きなものと小さなものの磁場があって、もしも、腕時計磁気を帯びられたのに状況で、車輪を並べて極めて大きいのが磁力の妨害を受けるのを周期に揺れ動いて、通常は状況で機械式ウォッチの行ったのがとても速いです。