世に比類のない傑作の魅力の本番の盛んな刺し縫いする海LUMINOR1950陀はずみ車の両地時間のチタン金属の腕時計

ちょうど開幕する2018ジュネーブの国際高級時計サロン(SIHH)の上で、イタリアの有名な時計のブランドの盛んな刺し縫いする海は独特で、きんでている革新設計で、一人一人の出席する観賞者に深い印象を残しました。今回、盛んな刺し縫いする海は2モデルがブランドにとって画期的な意味の複雑な腕時計を独特なものとして持ちを出して、1枚はLuminor1950陀はずみ車の月相時間の等式の両地の時に腕時計、別1枚のために続いてのためにみんなの紹介する盛んな刺し縫いする海LUMINOR1950陀はずみ車の両地時間のチタン金属の腕時計のため。私達はいっしょにちょっと見に来ましょう:

元からある特色を保留する以外、2018年の新型の外観の上の細部も調整があります。ポインターは青いので、チタン金属と殻の金属の色調を表すのは優れていて相貌が上品で調和がとれています。黒色の皮革の腕時計のバンドのは同様に青い呼応で縫って、同時にスポーツの風格のを明らかに示して、同じく腕時計の使った革新の科学技術と持ちつ持たれつで更によくなります。

47ミリメートルの表す殻は直接な金属のラジウム放射の粉末冶金技術から、3D立体のプリントの製造するチタン金属の材質で製造してなります。