機械式ウォッチの上弦の方向はどちらです

たくさん初めて機械的な表す友達を買って機械に対して上弦を表してあまり理解しないで、いつも腕時計が止まっていきを反映します。次に腕時計の家の新米の友達に教えに来る機械の上弦を表す方向はどちらです!

機械の上弦を表す方向はどちらです

表しを上に向って正面に並べて、右手の上弦、時計回りです。普通は十分補充して2―3日行くことができるべきなことを表して問題がなくて、しかしもしも新しい時計で、一回が弦を十分補充するのが必要です!

自動機械的な時計の上弦の原因に影響します

(1)頭の大きさを表しとと関係があります、頭を大きい比較的を表すのがとをしっかりつまみやすい骨が折れて、小さい比較的がつるつるにやすくて脱ぎます。表して殻の柄の頭を表しとを間の協力する緩さの程度に管理するのを見て、もしも比較的きつい話も上弦の順調なのに影響します。

(2)上弦の歯車の伝スーパーコピー時計動比が関係がありと、と違う腕時計のチップの上弦の結ぶ歯車の伝動比はそれぞれ異なってい、車輪に立って、は小さい鋼が大きい鋼の車輪の車輪の歯数、そのため上弦の速さとと違い順番に当たりを含みます。

(3)ぜんまいの仕事の巻数も異なって、腕時計のぜんまいの仕事の巻数の通常は6―10周間で、働く巻数が多めに、上弦の回数(数を)を多かったすぐ。

(4)上弦の力度とと関係があります、自分でこれまですべてまったく上をねじをまいて大きな力の、ある人の上弦の時に“上品で美しい”を比較して、そのように表すのは毎回回転する程度を異なりました。