ついたてあくまで抵抗するの“黒い科学技術”の腕時計を折り畳みことができますと

最近、サムスンと華為はすべて各自についたての携帯電話を折り畳むように出しました。このような全く新しい携帯電話の形態はみんなの熱に協議するように引き起こしました。特に華為MateXはついたての携帯電話を折り畳んで、もっと大きくて更に薄いだけではなくて、その上つきあって基本的にすきまが見えないをの折り畳みます。

聞くところによるとただこのようなすきま技術がなくて、華為は研究開発して3年整えます。その上MateXそれとも1台の5G携帯電話、そして55Wのスーパーを持って早く担当して、30分は携帯電話の電気量に85%まで担当することができます。時計界で、いくつかが華為MateXそのような黒い科学技術の腕時計に似ているもあって、それらの創造精神が十分で、設計あるいは機能の上で人に褒め称えさせます。

HYT:液体を使って時間の移動を表示します

時計の少し理解するスーパーコピー時計N級友達に対してすべて知っていて、機械は表してとても恐らく水が入ります。いったん水が入ったら、軽く時計の文字盤に影響して、重くチップに腐食します。だから、多くのブランドがすべて殻を表していて、冠などの所を表して精を出して、厳重に警戒して死守して、水分を外で断絶します。