ロレックスの最優秀年齢を好きになります

4年前に、私は1篇のロレックスのを書いたことがあって文、《挨拶する資格》を手に入れます。名前は一世代上の香港人の言い方から来ました:“‘すくい取る’すべて冇、点は平気で人と挨拶しますか?” 広東語の中で、音をすくい取りにと働いて、販売がすべてギンナン(イチョウ)の香港を食べないのだでさえあれば、ただ図の口の色彩たとえだけとしても、出てくる揾食事のはすべてただ働くだけがいなければなりません。

第1回はとてもおよそロレックスに接触するまで、第1部の労働者の店主Zに従って生むので、尖沙咀の景福が店を探す中にベテラン職人は開いて1匹の新作の働く後かぶせます。その時情報ははるかに今日ほど発達していないで、文章にあげるために図を配合して、自分の時計を送って撮影をこじ開けることしかできません。

Zが生むのは伝奇のロレックススーパーコピー人物で、80年代米国ラスベガス質屋の中でばくち打ち達を受け取って抵当にするロレックスを送って、良い品物の様子の“棺おけの子”はいくらでもあって、店、すべて1口の価格が恐らく面倒です。1匹の金は100ドルに働いて、Zによってもと話を生んで言って、“金を溶かしてすべて得るものがあって儲けるのを売る”。彼はいくつかつけてから選んで、再選は香港に指示を与えて却下してと売って、それを儲けて遊んで生活の第1杯の金を表します。