潜む水道のメーターの内側レースと外側のコース機能は紹介します

潜水夫はすべて少量の酸素の缶を背負いが好きで、水中の重さを減らすため、しかし酸素の度量のどれだけは酸素ボンベの大きさとと関係があります、そのためよく知っているダイビングの装備する人はでも酸素の度量を測量する装置を持って、潜む水道のメーターはちょうどよい時期にこのような需要を強化しました。回転する式の外側のコースは潜む水道のメーターの最大の特徴を言うことができて、果たすことができてダイビング時間の効果を気づかせます。回転して小屋の標識を表して15、30、45目盛りを付けて、なぜかというと普通は潜水する酸素ボンベは45分の種を堅持することしかできなくて、のは個別に表示して60分の目盛りを付けたのです。前15分は色のあるいは特別なマークを持ったので、潜水夫がでも上昇の時15分して安全に滞在するのを厳格に守るため、ガスシリンダの中から吸収した窒素をで全く放出します。通常ダイビングの時回して小屋を表すのでさえすれ(あれ)ば、スーパーコピー時計N級閉じ込める0目盛りを表し分針を合わせて、それから分針が行き来したのを見た後に対応して閉じ込める目盛りを表すダイビング所の使用時間を知っていることができます。もちろんあなたもカウントダウンが使うことができて、まずあなたのダイビング時間を知っていて、小屋を表して1分の目盛りを分針に合わせるのを回して、それから分針が0目盛りの時間まで行くのがちょうどあなたのダイビング時間で、つまり0目盛りの位置はあなたのダイビングの極限時間です。