アテネ表は「経理人の透かし彫りの超時空腕時計」を新たに発表した

「物語は始まって、過程があって、結末がありますが、必ずしもこの順序に従ってはいけません。」

——Jean- Luc Godd

フラッシュ、カメラ、流光溢れて……Ulyson Nardinアテネ表エキサイティングSkeleton Terbilon Hperisss「経理人透かし彫り超時空腕時計」は、赤いカーペットを覆す。アテネ表はカンナ国際映画祭と共に芸術、美しさ、そして卓越した火花を点灯します。今、強強連合は勢いのあるところで、腕時計と映画の制作には多くの共通点があり、多種の元素、専門的な手法と革新的な思考が共に完璧な作品を作り上げていく。編集者や俳優は映画の作品にとっても重要な役割を果たしているが、逆角師とプロの画師は「経理人の透かし彫りの超時空腕時計」にとっても重要だ。芸術の創作には公式がないが、腕時計の歯車が回転するときに、映画が放送されたときは完璧に現れ、不思議な体験をもたらす。

アテネ表「経理人透かし彫り車超時空腕時計」のインスピレーションは、伝奇映画「星の大戦」中のHan SoloとChewbaccaで運転した千年隼号(Falcon Milenniel)で、その迫力はこの宇宙船に劣らず、両者は「並行している」という極致な典範と言える。新しい高さ。1枚の精巧な腕時計は複雑で精密で精密な機械の部品を経てようやく作らなければならなくて、詳細は完璧である。アテネの時計は長年の複雑で細やかな小型の絵画技術は顕微鏡を使用して見なければならない極致な工芸である。マネージャーシリーズのマーク的な長方形の板橋には、まつげの幅だけの小型のペンペンを使って放射線線を描き、流線型のダイナミックな視覚効果を作り出す。顕微鏡を通して、各ラインの色を識別することができる。色の組み合わせは無限の可能性があり、その可能性はあなたの想像力によって多い。一枚ごとに「経理人透かし彫りの飛輪超時空腕時計」は、着用者と同じようにユニークである。