北京時計コレクション大腕——張進

この古い話は張さんに対してあまり適用されていないと言って、既知の官家の子弟を入れても、富商の後ではないが、張進は現在北京で最も有名な腕時計収蔵者と行内公認の時計「掌眼」の大腕である。

「時計はカウントダウンツールで、実用的な価値を持っていて、腕時計はまた観賞可能な手作りの工芸品で、コレクションの価値を持っていて、腕時計は1つの大学の問」で、張進は筆者の訪問時に開宗明義に語った。

「私の父は機械技師で、私が小さい時に同僚の腕時計を家に持ち帰って、目に濡れて好きになったのをよく見ましたが、その時は腕時計を買う能力が全然ありませんでした。それから父は年を取って目が悪くて、私は彼の助手になった。張は彼が16七歳の時の光景を思い出した。

張進は見えていて1つの収集家ではありませんて、更に1人の商人に似ていないで、衣服は鮮やかで、容貌は驚くほどではなくて、口下手で、「私は高級な教育と技術の訓練を受け入れていないで、完全に趣味がこの行に入ったのです。兵役を経て労働者を経た張進は最終的に仕事をやめた。」

入行廿

この行に入ったばかりのときは、経済的にゆとりを持っていなかったが、心の腕時計を見て彼はすべてを傾け、友人や親戚に借金をして手に入れた。一度の張さんは、家の住む珠市にある老人がロレックスの時計を売ると聞いて、急いで商品を見て、これは手の弦の全鋼のロレックスの腕時計で、発行した時計の領収書の上の日付は195九年で、価格は7百元の人民元で、老人は急いでこの時計を売るために使って、しかしまた安値で売ることを承知しません。七百二十元で手を出して、「それは新しい時計だと思いました。買ってきたら持っていませんでした。でも、当時の工場の労働者の月給も三十元余りだったのですが、私は本当にあの時計を見ていました。どうしましたか。」借金も買うし、時計を買って困った生活をしていることもある。」