クラシックスシリーズ腕時計秀雅の光の幻影

騒がしい世界、光の流れの都市は、浮華を一度に剥離して、時間の流れを静けさに聞く。尊皇表は150年を超えた悠久の歴史を持っており、製表技術の積み重ねがぜいたくで芸術的なものであることだけではなく、軽約の大気のデザインも尊皇の腕時計に対する深い理解と完璧な演出を見せることができる。クラシックスシリーズ腕時計秀雅の光の幻影

尊皇新近は、尊皇の一貫した上品な気質を受け、適度に40 mmまで増加した表径は、男性の豪快さを際立たせる。全体のシリーズは、繁雑な装飾芸術と目まぐるしい様々な機能を捨てて、古典的な3針の設計を採用して、3時位置に最も実用的なカレンダー視窓を設置し、全体の表盤ははっきりと目を楽して、正確に時間を読み取ることができます。表鏡と表裏はすべてブルーの宝石の水晶を採用して、透明な時計の底を通して、自動的にチェーンの機心の精密な動作が見渡せます。全シリーズは30メートル防水になり、レセプションやレジャー、クラシックスシリーズは多くの場合に適用される。

クラシックスシリーズ腕時計秀雅の光の幻影

銀色の表板中心発散形の波紋の模様は、精緻な水滴状の目盛り、札実の功芸に合わせて、表面には簡潔で平板な立体感が現れる。18 K黄金の殻には、手縫いで縫製された濃い茶色のワニの皮の表帯を配合し、男性の内収束で穏やかな気質を示している。また、18 Kのバラの金(濃い茶色のワニの皮の従帯)と、18Kプラチナ(黒と黒のワニの皮を配合)を用意しています。

一面の盤面に満ちた立体格の紋様は、まろやかな懐かしさをもたらす。6時と9時の方向をローマの数字にして、他の8つの目盛りは小さくて円点にして、盤面の大部分の空間を譲って、忙しい仕事の中でしばらく休んで、せっかくの暇な時間を楽しむ。