オールビザ1681シリーズ新品実写

2013年4月25日、1年に1度の時計界で開催されたバーゼル国際表展が幕を開け、腕時計の家チームが特にスイスに行って、その先で初めて展示されている。

JEANRIC Hワードの1681シリーズは、ブランドを尊敬する悠久の製表と工芸の歴史を継承し、ブランドのコアJR 1000を搭載している。JR 1000の機軸は、構想、開発、製造からすべてのブランドの工場の中で行われます。

46ミリのサテンの薔薇の金質は、非常に柔らかい光を放つ。

腕時計は目眩ブルーの宝石水晶表鏡を採用し、3時位置にはっきりと読みやすい日付表示ウィンドウがあります。