表友の大沢

大沢は私が川崎で知り合った第一の時計友で、私たち15年の友情は「プレイ時計」ではない。

それは1997年の夏のことです。私は聖マーリナ医科大学に留学して、心理治療と異文化の研究をしています。当時の社会では「中国人残留孤児の帰国」が話題になった。両国の国情を知り、また国内で戦争遺児問題に携わったことがある私は、日本最大の新聞「朝日新聞」の「フォーラム」欄に投稿し、戦争遺児問題について意見を述べた。私の文章は『残留孤児が異文化に直面する壁』。新聞記事の掲載前に、わざわざ私の身分を確認してくれました。

続いて、新聞には、私の論点に反論する文章が出てきたが、当然支持されていないが、これは予想中のことで、表友大沢は私の支持者の一人である。彼は会社の社長兼社長で、会社は外国人を専門に雇っています。大沢は人の仁義になり、一つの手伝いをする。彼は大学方面で私を連絡して、川崎駅の前のレストランで初めて会ったのですが、これが私たち15年に及ぶ友情が始まったとは思いませんでした。
私たちの話はとても投機的で、彼のこの人は無神経で、他の日本人とは違います。私にとても驚いたのは、彼の手首にペッツリの金帯39、チェーンが長くてもカットと調整を経ていません。元の工場は21センチの長さがゆったりしすぎて、腕の上で揺れていました。その時私はすでに謎の時計だったが、その時には彼を愛していた眼鏡蛇をかぶっていたのですが、価格はペダルよりも安いです。大沢はこの時計に対してとても好奇心があって、手の上で長い間遊んでいた。

その日は、日中の民族性の違い、国情の違い、文化の違いなどをたくさん話しました。彼は文化のレベルが高いし、知識も広くて、自分の会社が上手だと思います。彼は時計が好きだが、時計が分からない。新しい表の店で定価でカードで表を買って、経済の角度から言うのは間違いなくて、あなたが保証するのは一生を使うことです。これも時計をする人と時計をしない人が時計を買う時の違いです。新しい時計を買う人は必ず時計をしないで、時計を遊ぶ人はきっと新しい時計を買わないで、この輪の中でこのように変で、同様の真実です。