今年の陶磁器版「百事圏」は本当に10万円を超えるのか?

ロレックスは2013年に青黒圏のグリニッジ型IIを発売し、陶磁器の双色表輪の製表技術を披露し、世界表ファンたちに陶磁器の「百事圏」への期待を燃やした。2年目には、ロレックスが赤ブルーの新世代の陶磁器「百事圏」を発売したが、プラチナの金、国内価格315 , 800 RMBの価格は、小さな部分だけが耐えられる。

なぜ多くの人がグリニッジ型II「百事圏」を気にしているのだが、これはその歴史から言う。

1954年には、当時、世界最大の航空会社であるパンアメリカン航空がロレックスを探し、ロレックスがそれぞれの時計に適した時計を設計することを望んでいます。パンアメリカン航空と接触したロレックスの公共関係主管Rene- Poneret自体が、スポーツ愛好家であっても、ロレックスの金腕時計の設計成型にも参加している。パンアメリカン航空との打ち合わせ後、両家の力で新しい腕時計を共同開発することを決めた。パンアメリカン航空は、第二次大戦の空戦英雄の有名な機長のFrederickライビーを派遣して航空コンサルティングを提供したが、Renee – Painetは、表の外輪に、回転することができる24時間外輪を用意し、マスクの上に1本の針を加えて第2の時間を指示する。