腕時計は一体どれだけの下弦に行ってようやく十分補充することができます

よくこの問題を聞く人がいるのを耳にして、国内の通行人は言って、眠りのこの問題はとても小さいです;対外通行人は言って、また(まだ)本当に心配と困惑する事を計算します。まずここは2時(点)に言いがいます:機械式ウォッチをつけてできるだけいっぱいな弦の状態を維持するのと、これが高まり幸運だ精度とに対して幸運な長さを延長するのは必要ので、手の上弦のやはり(それとも)自動上弦の腕時計がすべてこのようななのにも関わらず;二つは機械式ウォッチのぜんまいはもっと前にステンレスの材質で、スイスは“NIVAFLEX”と称して、国の専門の人の中で人はそれの“白い鋼”のぜんまいを言って、実は成分の複雑なニッケルの基の材料で、それは50年前の腕時計の炭素の鋼のぜんまいのようだそのように断ち切りやすくありませんて、だから上弦があまりにも力を入れるのためそれを折ったのを心配する必要はありません。

それでは腕時計は一体どれだけの下弦に行ってようやく十分補充することができますか?この問題具体的な説明:

(1)頭の大きさを表しとと関係があります、頭を大きい比較的を表すのがとをしっかりつまみやすい骨が折れて、小さい比較的がつるつるにやすくて脱ぎます。表して殻の柄の頭を表しとを間の協力する緩さの程度に管理するのを見て、もしも比較的きつい話も上弦の順調なのに影響します。

(2)上弦の歯車のタグホイヤーコピー伝動比が関係がありと、と違う腕時計のチップの上弦の結ぶ歯車の伝動比はそれぞれ異なってい、車輪に立って、は小さい鋼が大きい鋼の車輪の車輪の歯数、そのため上弦の速さとと違い順番に当たりを含みます。(写真に会う)

(3)ぜんまいの仕事の巻数も異なって、腕時計のぜんまいの仕事の巻数の通常は6―10周間で、働く巻数が多めに、上弦の回数(数を)を多かったすぐ。

(4)上弦の力度とと関係があります、自分でこれまですべてまったく上をねじをまいて大きな力の、ある人の上弦の時に“上品で美しい”を比較して、そのように表すのは毎回回転する程度を異なりました。