ティソとMotoGPは再び共同で盛挙に参加します

2009年はティソが9年連続でMotoGPの公式指定時間を担当しており、ティソはこれまで、タイム計測技術の研究や試合製品の開発に取り組んできた。コースの端では、ティソの時計専門家が一刻を争うモーターレースのために正確なタイムサービスを提供しています。スイスの専門ブランドであるティソは毎年MotoGPのために一連の腕時計製品を発売しています。今年は14の国と地域で18回の激しい競技が行われます。2009年4月、MotoGP 2009シーズンの初戦はカタールで開催されますが、ティソは2009年のMotoGPに対する情熱を燃やしています。

Dorna Sportsと緊密に協力して、再度力を合わせて盛大に催します。

バーゼル時計ジュエリーショーの期間中、ティソホールで正式な引継ぎ式が行われ、各メディアと展示会の来賓に向けて、MotoGP競技の公式タイムテーブルが用意されていることが明らかになりました。ティソ社長のフランソワ・ティポは、Dorna Sports最高経営責任者のCamelo Ezpeletaに新しい3つの表を贈呈しました。Dorna Sportsは国際摩聯で開催されたMotoGP世界オートバイ大賞の主催権とテレビ中継権の独占所有者です。MotoGPという世界最高級のオートバイレースのニーズを満たすために、ティソとDorna Sportsは全世界のトップ技術を採用しており、新シーズンに新たな挑戦を迎えることを期待しています。

今年はティソがMotoGPの公式時計サプライヤーとして9年目となりました。技術の日進月歩の発展とバイクの時速の向上によって、試合のタイミングに直面する技術挑戦も空前の高さに達しました。ティソは、クロノグラフ技術や腕時計製造分野で革新を続けており、オートバイのトップレースであるMotoGPの最高パートナーとなり、この試合のクロノグラフ精度を確保しています。