名表の競売は世界大展示の貴重品ロレックスが北京に登場しました

スイスのロレックスのリストを競りに行きたいなら、スイスに直接来なくてもいいです。北京でこの機会があります。先日、スイスの有名時計収集家のモンタニさんが、20年余り大切にしていたロレックスの腕時計400個余りを持って北京に現れました。腕時計を持った個人博物館のようです。あなたが望むなら、見学だけでなく競売もできます。

絶世の逸品最後巡回展

中国の一般的な時計愛好家にとって、ゼロ距離でモンゴルさんの400余りのロレックス時計を体験するのはもう一つの楽しみです。ここの多くの種類のコレクションは国内では見られないものですから。もっともベテランのコレクターでも、直接スイスのジュネーヴに行って競売に参加するのは簡単なことではないですが、今回はこのような困難はもうないです。北京で開かれたこの展覧会は地元のバイヤーの参加申し込みを受け付けます。直接にジュネーヴに行っていなくても、自分の心の計器を手に入れることができます。

2006年4月1日、西洋のエイプリルフールですが、腕時計のコレクションにとって、スイスのジュネーヴでは盛会があります。モンダニのコレクションが多く、一度に撮影した時間が長すぎるため、安帝古倫ロレックス専売会の下半部分は吉日を選んで、2006年5月中旬にジュネーヴで開催されます。

今回の北京展覧会の日には、名流が集まり、ゲストが集まった。古代とファッション、尊貴と品位が完璧に溶け合っているNAGA上院で、現場のきらびやかで美しいフラッシュが交錯して映えて、展示した逸品のロレックスに更に豪華な本来の味が現れさせます。アメリカの有名なロレックス専門家、エリック・ローレンzさんの解説に従って、百人以上のお客さんが一緒に細心の注意を払ってこの豊富な時計を食べました。