奇人が奇特に大羽を振るう

蘇頌が発明した「水鐘」の九百年後の1991年7月に、香港の「天儀軒」の主人で、古表収集家の保大羽さんが「世界一」といわれる「保氏霊天儀飛輪表」を開発しました。1992年、保大羽さんはスイスのバゼル国際時計博覧会に出席しました。以前は古時計収集家として現れたのではなく、特技を身につけた独立したタブメーカーで自産の「逸品」を携えて展示に参加したのです。国際時計界の権威があり、濃厚な東方色と中国民族の特徴に満ちた「天儀飛輪表」を鑑賞した後、まず驚きました。この時計は「世界に一つしかない」というスイスの会社が開発した「無支柱飛行舵飛輪表」と並んで世界一です。国際的な権威を持つ「国際腕時計」雑誌は、この東方の宝を三ページカラーで展示し、ドイツ語とフランス語で「保氏魔法の天儀飛輪表」という称号を世界に広めました。

いわゆる「フライホイールウォッチ」は、世界の時計業界では最先端の名品です。1801年前、フランス人のルイズ・宝磯が「舵飛輪」というマシンを発明し、世界を騒がせた。以前の腕時計は全部輪を回す装置があって、左に並べて“捕らえる”と称して、右に並べて“縦”と称して、これは捕らえて、縦システムは地心の引力の影響を受けて、いつも誤差が発生します。ルイズ・宝磯が発明した「舵飛輪」は、縦断システムの精密性を高め、腕時計の精度を高めてくれます。しかし、この「舵飛輪」の装置は、製造技術が複雑で、発明から一世紀以上経っても、まだスイス、ドイツなどの少数の国の時計工芸の大家だけがこの能力を持っています。しかも、手作業で作っています。毎年3~5匹しか生産していません。そのため、価格が高くて、販売価格は約100万香港ドル以上です。数年前、1900年産の「舵飛輪」という骨董品のリストが競売にかけられましたが、成約価格はなんと1000万香港ドルを超えました。1930年、ドイツの時計職人によって発明された「飛行舵飛輪」の懐中時計は、更に「舵飛輪」の時計の価値と正確さを高め、当時は国家元首に奉納し、褒賞を受けました。このことから、「飛行舵飛輪表」は世界の「表の王」と呼ばれています。