どれだけ大きい時計を買うべきですか?

腕時計も服のように小番号を分けているのは、原則的に自分の腕によって細細に選択されます。しかし、洋服とは一理ですが、腕時計は「タイト」または「ゆとり」を選ぶことができます。しかし、これも完全に勝手気ままではありませんが、正装表、運動表、ファッション表など、さまざまなタイプの表札が大きいのか1番小さいのかを知る必要があります。今日の問題は、大きな時計を買うべきだということです。

スーツを買うように、身を合わせます。

前世紀の60、70年代はみんなで洋服を1番買うことに慣れていますが、今は一番最低の選び方です。正装表は通常洋服と合わせて現れるので、ちょうどその着用の原則と洋服が一致しています。一定の出入りをしなければならない場合は、正装表寧さんの大きな原則を覚えておきましょう。具体的な数字の上までは本当に見て個人の需要、総じて表径最高33-40ミリメートルの制御。もちろん尺度も固定していないので、これはあなたのこの時計が大きいのか、それとも小さく見えるかによって決められます。