2017Baselworldロレックスの新型はとりまとめます

今年Baselworldはちょうどロレックスの海に会って型50周年発表して、ロレックスは新世代のカキ式の恒に型の腕時計海に動くように出して、展を表す中で関心を受けます。その外、間金のSky―Dwelleも謎達の関心、さすがにその低減劣っているロレックス現在最も複雑な時計価格に働いたのを受けます。次に、私達にロレックスの今年のバーゼル国際時計展の上で出す新作の腕時計をちょっと見に来ます。新作のカキ式の恒は海に動いて型の腕時計43ミリメートル添えて殻を表して、表を作成する技術のリードするロレックスの3235型のチップを配備して、このチップは初めてロレックスの専門の腕時計のために採用するです。便利さのためにカレンダーを読み取って、初めて青の水晶の鏡映面の3時で位置は小さい窓の凸レンズをも添加しました。時計の文字盤の上のすばらしい赤色の字形の“Sea―Dweller”は参考にして型の腕時計自首します海。