腕時計の防水性能はどうやって検査しますか?

スポーツウォッチの急速な発展により、ウォッチの防水性がこれほど一般的になりました。当たり前のことと思われます。しかし、この一種の一般的な性能を詳しく研究すると、その中の非凡な奥妙が発見されます。
ブランド腕時計の防水性能はどうやって検査しますか?
基本的に2つのマシンで防水性を検査する方法があります。それぞれ「乾き」法と「湿り」法といいます。乾式法では、腕時計に空気圧力をかけ、ケースが空気に漏れて膨張しているかを測定します。膨張すると、この表は防水していないことを示しています。一つの「ウェット」法では、まず腕時計に空気の圧力をかけてから腕時計を水に浸します。腕時計が水の下で泡が出ると、水に浸かる前に空気が表に染み込んでいることを示していますので、この時計は防水していません。もう一つの「ウェット」は、腕時計を水で満たした小室に入れ、ピストンで圧力をかける方法です。水が表に入ると、つまり表が防水していないということです。(これは明らかに最も危険な防水性の検査方法です)
伯爵のPiaget腕時計はなぜ「完全防水」と表記しないのですか?
米連邦貿易委員会(Fedeal Trade Comission)が発表した規則によると、腕時計販売業者はその腕時計を「完全防水」と表記してはいけない。腕時計は深海潜水用に設計されていても、完全防水とはいえません。