どの「月」が一番好きですか?

中秋節が間近に迫っています。お酒を飲んで月見をすることはできませんが、月相腕時計を一緒に鑑賞しても大丈夫です。月相表とは、名前の通り、腕時計の月相表示盤で月の動きを把握し、潮汐、曇晴円欠、この神秘的な星の動きはすべてこの小さな時計の中に現れます。さて、今日は中秋の名月の眺めに合わせて、腕時計の家では3つの月相腕時計を紹介します。
積家の大家のこの月相の腕の時計の文字盤の面の設計はきわめて簡単です。しかしよく見て、腕時計は依然として多くの経典の独特な細い点の設計を含みます。39ミリメートルのステンレスケースは、研磨された装飾により、繊細で潤いのある光沢が現れ、シンプルな銀色の円形の盤面と相まって、全体的に雰囲気が落ち着いています。6時位置に精巧で美しい月相表示盤を設置し、日付表示盤をここに設置して、腕時計に実用的な機能が含まれていることを確保しました。腕時計は純粋な黒いクロコダイルの皮のバンドに合わせて、もっと上品で紳士的なスタイルを表しています。