腕時計の日常のメンテナンス方法

腕時計の日常的な8つのエラーの方法
1、磁場から離れます。今一部の表の耐磁機能を持って、しかし私はこれは遠く離れたものです。私たちの身の回りの磁気の物質はやはり多くの具体的な詳細について「磁化の実測の携帯の磁気に対する腕時計の影響」を見ている。

2、湿っぽい環境の下では非防水腕時計を装着できず、特に皮膚帯の腕時計は湿気のあまりベルトが硬くなり、味を起こす。

3、機械腕時計をつけているときはあまりにも激しい運動はできませんが、もちろん豪雅ゴルフのことは禁物です。

4、時計のふたを勝手に開いて、ほこりに入るのを避ける。もしあなたが本当に好奇心があるなら、メンテナンスの際にプロの方が解体してみることができます。

ご、夜寝る前に必ず腕時計を外して、特に、夜光機能の腕時計という文字盤に発光塗料はラジウムや硫化亜鉛の混合物の発光にラジウム放射この健康にも一定の影響があるの。

6、長い間持っていない時計は毎月1回の発条を必要として、もし自動機械の場合は1回をつけて弦を動かすことができることを保証する必要があります。このように腕時計内部の部品は長期静止状態ではなく、良好な性能を保証することができます。

7、手動でチェーン表の第1回のチェーンブレスレットを打つ時、本人が自らチェーンを入れて1つの度を把握することを必要として、その後チェーンの時に9分は良くて、あまりにきつくないと発条が切れます。

8、万が一不幸にしていた時計に異常があった場合は、例えば「歩く」などの問題があります。