一番高級な日本の時計は何の時計ですか

遅らせてはいけない、ずっとテーマ。今日からこの篇チエ医師の文章では、1篇の文章についてクレドール。兄弟たちはすべて知っていて、セイコー二つの高いエンドライン、一つはGS、もう一つはクレドール。GSが歩いているのはロレックスの精確な実用的なハイエンド路線です。貴輪が歩いているのが芸術路線です。チエ医師は学者として、長年にわたる往来は中日両国。チエ医者も国内プレイヤーの中で、最初の接触で日本の豪華な腕時計のコレクター。当時国内良いね的なGSはチエ医者に買ってきた(時間の非常に長い期間で、GS、クレドールは日本本土の販売)。この文章は2002年から20年近く前になったので、文章の相場、価格は今の相場ではなく、参考になります。
クレドール日本国の表を見にじゅう世紀以来ななじゅう年代から彼女への広告用語、一斑をうかがい知ることができる:

「美しい和美の極端:貴輪、彼女の感じは心の満足だ」(1980年)

「理想の腕時計——貴輪。」(1985年)

「美しい力——貴輪。」(1987年)

「愛美品だけの人たちに」(1991年)

「あなたは美しい時空を持っていますか?」(1992年)

「日本の貴輪、精緻と気品。」(1996年)

称賛の言葉が溢れているので、貴輪の世界を見てみましょう。まずは訳中、Credorはフランス語の造語で、本来は「黄金のピーク」。