自動機械表の誤差

いつまでも分が悪くない腕時計は存在しないので、すべての腕時計は誤差の範囲があります。この範囲は国と地域によって違います。普通は自動機械の時計は上の弦がいっぱいある場合、歩く時は毎日30秒を超えないで、30秒を超えないと基準に合わせられます。そのため、誤差が上記の基準範囲内であれば、腕時計は合格と言えます。反対に、腕時計が故障していると説明しています。修理、保守ロレックススーパーコピー部門を持って学校を調整してください。
現在、わが国にはまだ時計の品質の国家基準がありません。現在実行されているのは1991年に制定された業界標準です。
時計の時差については、現行の行標で規定されています。
自動機械式腕時計I型(男性用)の走る瞬間誤差範囲は、優等品は24時間の誤差-20~30秒、一等品は24時間の誤差-30~60秒、合格品は24時間の誤差-50~90秒である。継続して歩く時間は36時間以上です。
自動機械式腕時計II型(中型表)の走る瞬間誤差範囲は、優等品は24時間当たりの誤差-25~50秒、一等品は24時間当たりの誤差-40~80秒、合格品は24時間当たりの誤差-60~120秒である。継続時間は30時間以上です。
自動機械式腕時計IIIタイプ(婦人時計)の走る瞬間誤差範囲は、優等品は24時間の誤差-30~70秒で、一等品は24時間の誤差-50~100秒で、合格品は24時間の誤差-70~150秒である。継続時間は28時間以上です。

次ページ: » »