生活していくには、体に「紫」を持っていかなければなりませんか?

「生活に、身も少し緑」という言葉を貫いた2017年は全体が、2018年、この話は適切でない。2017年末までに発表した世界の色の権威PANTONE 2018年度流行色——ウルトラViolet紫外光、色番号PANTONE 18-3838。

毎一年、PANTONEも選出新一年流行色、2017年代表希望と暖かい草木の緑はすでにこの1年間のファッションicon運用のが最も多いファッションの要素の一つ。そして2018年、公式にウルトラViolet紫外光の解釈ではこのような:

「私たちの生きている創造性と想像力の時代、PANTONE 18-3838紫外光の本質は、この創造性の霊感、この藍底の紫に私たちを連れて意識と潜在力の高い境界から新しい科学技術、探索とより大きな銀河、芸術的な表現と精神を考え、直感的な紫外光照らすへ未来の道。」

紫は暖かい赤色と冷静な青の化合物によって形成されている。日常生活の中で、紫色の大面積で運用している例が少なく、結局それは黒白灰の中性色のように簡単に制御するも、一般の言いふらす赤、緑鮮やかに色の違う、もっと内向的で、それは個性の方が冷静。