軽くて熟している風格は漢のミルトンの鉄道のシリーズの腕時計を鑑別評定します

スイスがまさに表を作成しに言及するようで、どうしてもジュラ山脈の谷(ValleedeJoux)を話さなければならなくて、ドイツが表を作成しに言及して、どうしても格拉蘇蒂鎮(Glashラtte)を話さなければならなくて、米国の表を作成する業の発展を言い出して、必ず19世紀末、米国の1度のひどい鉄道の事故に離れられません。19世紀に80年代の米国、ほとんどすべての郷・鎮と村落はすべて自分の時間単位の計算の標準があって、そのため列車の旅行する非常の時間はとても錯乱しています。鉄道の時間単位の計算の方法が多種を50上回るため、まちまちで、ひどい事故が頻繁なことを招いて、混乱していて複雑な時刻表は旅客を手がかりがつかめなくさせます。数年以降に、時間は標準化に、このような情況はやっとある程度様子が変わります。1892年、漢ミルトン時計会社は鉄道会社のために精密で必ず信頼できる鉄道のサイクルコンピュータを出して、更に鉄道の運営する正確性を合理化しました。今日の腕時計の家みんなの持ってきたのが正に漢のミルトンの鉄道のシリーズの1モデルの腕時計ため。型番を参考にします:H40656731。

スイスの表を作成するブランドの精密なワシに比べて細くドイツの表を作成するブランドの厳格で精致なのを磨いてと、漢のミルトンの私の感銘は1筋の明らかに異なる自由のあふれ出ているアメリカンの風格です。もしかすると急に下がそれがあまりにも豪快で直接だと感じるのを見て、見たのがもっと長くてかえって親切に心地良いと感じて、もしも有名な令嬢の名家の比喩のスイスの表を作成する風格を使って、ドイツの表を作成する風格を高人逸士にたとえて、それではこの腕時計の人にあげる感覚は更に近所の家の友人のようで、春風浴びるのようだ人をさせます。