あんなに多くの人は腕時計が好きで、腕時計はどこに美しいですか?

これはありふれた話だが、またよくある話を訪れるの話題で、多くの時計がない友達は、たくさん買った表の友達が多い時も「便乗」が買ったのは、実は自分もわからない時計が美どこでしたので、今日はもうみんなと一緒に雑談しこのよく感じ「似て非なる者」の話題。

まず、美に対する理解は人によって違いますから、多くの人が時計を好きになる原因も同じではないと信じています。

ある人は言う腕時計が家族のように、毎日自分については、時折自分が今、何をして、しばらくして、ずっとこのままだと、お互いの間に深い感情を生みました。確かにこのようにして、時間が経つにつれて、多くの友達が自分の愛表を見ることができないと信じています。

ある人は言う腕時計の美はペットのように、もあなたが楽しくて、それとも楽しくありませんて、それもない癖で、もしあなたはそれをなくして、それもいつかはあなたに従って、しかも歩いた針を見るたびに時、感じはひとペアの黒目がちな目で見つめている自分がまばたきをね筆者は、この女性の友達を聞いて彼女の目には腕時計を描いたように。